【氷も作れる】マキタ 18V充電式保冷温庫 クーラーボックス

スポンサーリンク

アウトドアには欠かせない保冷温庫。
キャスター付きで持ち運べて、車から遠く離れた場所でもアイスが食べたい!
そんな方におすすめなのが、マキタ 18V充電式保冷温庫 CW180DZです。

保冷・保温機能

家庭用冷蔵庫にも搭載されているコンプレッサーが搭載されているため、極端に言えば小型冷蔵庫です。

保冷の場合、-18℃、-10℃、0℃、5℃、10℃の5段階で飲食物やファンジャケット、マスクの保冷剤にも使用可能、タオルなどの保冷や冷凍も可能です。

バッテリー1本装着時-18℃設定時約2時間30分、5℃設定時約8時間30分、60℃設定時約2時間使用可能です。
バッテリー2本装着時-18℃設定時約5時間、5℃設定時約17時間、60℃設定時約4時間使用可能です。

もちろん、屋外でも氷を作ることも可能です。

車のエンジンを停止してシガライターで電源供給ができない場合に保冷、保温ができます。

保温の場合は55℃、60℃に設定可能です。

ホットドリンクなど保温することができます。

ちなみに、飲料は自動販売機と同じ55℃、食品はUSDA(アメリカ合衆国農務省)の定める60℃での保温を推奨しています。

その多機能


キャスター・ハンドル付で持ち運びも簡単、アウトドアやスポーツ観戦にも最適です。

女性でもらくらく運べます。

電源供給としては1本でも使用できる18Vバッテリー、家庭用電源AC100V、自動車シガーライターソケットとなっています。

また、容量は20L、500mlペットボトル20本、2Lペットボトル4本がおおよそ入ります。


そして外出時では便利な瓶飲料の栓抜き付、USB機器充電も可能です。

さらに、バッテリーは防水保護等級IPX4であり絶対の保証はありませんが、安心して使用できます。

メリット

振動に強い、静音声に優れています。

そのほか前述でもメリットについて触れております。

デメリット

スマホ充電時にバッテリーを装着する部分の蓋を閉めて充電ができないため不便です。

本体のハンドルを持って持ち運ぶことはできるものの、やはりコンプレッサーを乗せているため重たいです。

市販のクーラーボックスより小さいです。

バッテリーが内蔵されているためその分容量は小さいです。

ゴムパッキン部分を衛生上洗いたい場合に、1回外すと元にはめ込んでも撮れやすくなり、いちいち面倒臭くなります。

接着剤でくっ付ければ問題ないのですが衛生上気になる方にはあまりおすすめできません。

シガライター給電の際は分配器ではなく直接差し込まないと電源確保ができません。

まとめ


マキタブランドらしい質の高い商品で安心かつ高機能、多機能で便利な商品です。
クーラーボックスも良いかもしれませんが、クーラーボックス以上に機能を求める場合におすすめできますし、寒い時期でも保温ができるため屋外ではありがたい存在になるはずです。

スポンサーリンク

© 2022 120hiace.com