【楽々掃除】広い家に最適!自動掃除機「iRobot ルンバs9+」

スポンサーリンク

iRobot ルンバs9+は広い家におすすめ

「iRobot ルンバs9+」は自動掃除機なので、広い家に住んでいる人におすすめします。iRobot ルンバs9+は読者が選ぶ家電大賞を受賞した人気家電で、大型電気店やアマゾンなどで販売されています。

 

広い家に「iRobot ルンバs9+」をおすすめする理由

  • 高度なナビゲーションテクノロジー
  • スマートマッピング
  • iRobot Homeアプリ
  • ブラーバと連携して床の清掃を自動化
  • 自動充電・自動再開機能

 

「iRobot ルンバs9+」の主な特徴を紹介しましたが、これからは深掘りします。

 

高度なナビゲーションテクノロジー

自動掃除機が部屋の清掃具合を見極めるのは難しいものですが、「iRobot ルンバs9+」はナビゲーションテクノロジーを搭載することで見極めの精度を高くしました。部屋の清掃状態は刻一刻と変わるので、今日の清掃状況と明日の清掃状況が同じということはありません。

 

難しい清掃状況の見極めですが、ナビゲーションテクノロジーの学習能力があればかなり正確に見極めることができるのです。具体的には、毎秒230,400以上のデータポイントを取得しています。

スマートマッピング


一般的に広い家は間取りが複雑で、部屋の床もさまざまです。複雑な間取りと異なる床は、自動掃除機の天敵です。しかし「iRobot ルンバs9+」にはスマートマッピング機能があるので、部屋のタイプに応じた清掃が可能です。

 

スマートマッピング機能を設定するのは利用者ですが、「iRobot Homeアプリ」で設定します。「iRobot Homeアプリ」は無料です。

iRobot Homeアプリ


広い家は効率的に清掃したいものですが、「iRobot Homeアプリ」があれば簡単に実現します。料理が完成する前にダイニングを清掃することも可能です。調理の時間が30分であれば、30分で掃除するように設定するだけです。「iRobot Homeアプリ」の便利な設定項目には、進入禁止エリア設定があります。三階建ての一軒家は階段がありますが、「iRobot ルンバs9+」が、階段を誤検知したら転落する可能性があります。

 

しかし進入禁止エリアを設定すれば、誤検知しても階段から転落することはありません。方法をみます。スマートマップの上に四角形のマップを作ります。四角形のマップを作ることで、「iRobot ルンバs9+」は迷うことなく階段への進入をやめます。

ブラーバと連携して床の清掃を自動化


広い家は部屋数も多いですが、部屋によっては拭き掃除が必要です。「iRobot ルンバs9+」には拭き掃除機能はありませんが、ブラーバと連携すれば、ブラーバが拭き掃除をしてくれます。

自動充電・自動再開機能


自動充電・自動再開機能も便利です。「iRobot ルンバs9+」はバッテリーで作動しているため、バッテリーがなくなれば止まります。広い家はバッテリーが減りやすいですが、掃除の途中で止まれば汚れが残ったままになる可能性があります。

 

しかし「iRobot ルンバs9+」は何も言わなくても自動的にホームに戻り充電するので、止まることはありません。

iRobot ルンバs9+は自動掃除機の完成形

「iRobot ルンバs9+」は IoT家電で、インターネットと連携しています。インターネットと連携することで、完成度の高い自動掃除機になりました。スマートスピーカーにも対応しているので、利用者は寝ながらでも操作できます。

 

広い家は家族だけで掃除をするのが大変ですが、「iRobot ルンバs9+」に任せれば24時間いつでも掃除をしてくれます。そのため清掃員のアルバイトを雇う必要はありません。「iRobot ルンバs9+」は安くはありませんが、長い目で見たらコストパフォーマンスは良いと思います。

製品仕様
サイズ(ロボット本体) 奥行き31.2cm、幅31.2cm、高さ8.9cm
サイズ(クリーンベース) 奥行き39cm、幅31cm、高さ49cm
重さ 約4.0kg
電源方式 充電式リチウムイオン電池
充電時間 約3時間
集塵方式 ダストビン式(紙パック不要)
セット内容 ルンバ本体、バッテリー(内蔵)、クリーンベース、
交換用ダストカットフィルター×1、
交換用コーナーブラシ×1
交換用紙パック×1
クリーンベース用電源コード
稼働時間 最大120分※

※1回の充電につき。部屋の形状や床の状態、バッテリーの状態などにより異なります。

スポンサーリンク

© 2022 120hiace.com