【簡単取付】自宅玄関がオートロックに!安心安全「Qrio Lock」

スポンサーリンク

Qrio Lockは施錠忘れを防ぐ

私もそうですが鍵の閉め忘れが心配な人はいます。そのような人は何回も施錠を確かめます。「Qrio Lock」はオートロック仕様なので、何回も確かめる必要はありません。

オートロックはビジネスホテルでお馴染みですが、ドアを閉めたら自動的にドアがロックされます。自動的にドアがロックされるので、慌てているときでも閉め忘れることはありません。

Qrio Lockは工事不要で取り付け可能

オートロックは便利ですが、工事が必要なので諦めた・・・このような人はいるでしょう。しかし「Qrio Lock」は工事不要で取り付けできます。工事不要で取り付けできるのは、日本のドアに合わせて開発されているからです。

「Qrio Lock」は後付けタイプのスマートロックで、取り付けるときは付属の両面テープで貼るだけです。そのため賃貸住宅でも利用しやすいです。取り付け可能なドアタイプは、ドア付きタイプ、面付き箱錠タイプ、プ

ッシュプル錠タイプです。

ドア付きタイプはドアに直接サムターンがついているタイプ、面付き箱錠タイプはドアに箱型の錠前がついているタイプ、プッシュプル錠タイプはノブの上下にサムターンがついているタイプです。

Qrio Lockの安全度

気になる安全性ですが、スマートフォンで鍵穴を操作するだけなので、鍵そのものの安全度は同じです。しかし「Qrio Lock」は指定されたスマートフォンだけにしか反応しないので、安全性が強固になるのは間違いあり

ません。

また解錠も自動なので、大きな買い物をしたときは便利だと思います。「Qrio Lock」はスマートフォンの位置情報機能を利用して、自動解錠と自動施錠を実現しています。

現時点で対応しているスマートフォンは、iPhoneはiOS11.4以上、AndroidはAndroid5.0以上です。合鍵の共有機能があるので、家族全員利用できます。

別売りになりますが「Qrio Key」を購入すれば、「Qrio Key」でドア操作ができます。ただ初期設定にはスマートフォンが必要なので、家族の誰かがスマートフォンを持っている必要があります。

Qrio Lockは家族の帰宅時間もわかる

「Qrio Lock」は別売りの「Qrio Hub」と連携すれば、外出先からリモート操作ができます。またスマートフォンに操作履歴が通知されるので、家族の帰宅時間、家族の外出時間がわかります。

共働きの家庭の両親は小さなお子様の帰宅時間が気になるものですが、「Qrio Lock」を使えば職場にいても、お子様の帰宅時間がわかるので安心して仕事に打ち込めます。

Qrio Lockは便利でコスパが良い

「Qrio Lock」はスマートスピーカー、Apple Watchからでも操作できます。非常に便利な「Qrio Lock」ですが、取り付けが簡単なのは嬉しいですね。

4割以上の空き巣犯は、施錠忘れの家を狙うといわれています。しかし「Qrio Lock」はオートロックなので、施錠を忘れる心配はありません。これは空き巣対策には、極めて効果的です。

セキュリティカード、暗証番号で解錠するオートロックの後付け費用は2万円~3万円が相場ですが、別途オートロック本体代金が必要です。そのようなことを考えたら、「Qrio Lock」のコスパは良いと思います。

スポンサーリンク

© 2022 120hiace.com