【流用】ハイエースにスペーシア用オーバーヘッドコンソール取付けてみた

スポンサーリンク

取付け車両情報

・200系4型 ハイエース バン 標準 3000cc 4WD

・平成26年式

・型式      KDH206V

・エンジン型式  1KD

ハイエースに乗っていて、前から思っていたのが、BOXティッシュの居場所です。

ダッシュボードの上に置いていたけど、ガラスに反射して鬱陶しいし外からの見た目が格好悪い。

純正センターコンソールの上は置けないし、中は小物入れを追加で設置しているためティッシュが使いにくい。

そこで、屋根裏のスペースを利用しようと思いオーバーヘッドコンソールを流用して取り付けすることにしました。

スペーシア(フレアワゴン)純正オーバーヘッドコンソール流用

早速オークションサイトで探してみると、いろいろありますね。

ですがサングラス等の小物入れや照明は必要無く、シンプルにBOXティッシュのみが入る物は無いかと探しました。

そして良さげな物を発見!

スズキのスペーシア用のオーバーヘッドコンソールです。

OEMでマツダのフレアワゴンの物も同じですが、若干色が違う気がしたので、スペーシア用にしました。

色はハイエースの内装と似ているし、価格も程度の良い物でも、送料込みで2000円程度。

これなら失敗しても良いかなと思い、購入してみました。

取付け

ものはこんな感じ。

結構簡単に取り付けできそうです。

純正のネジ穴を利用できそうですが、横から睨むと出っ張っています。

出っ張りをカットしていきます。

前側のネジ穴をカットしてしまったので、適当な場所へネジ穴を空けます。

後ろ側は純正のネジ穴を使います。

これで突起物はなくなりました。

当てがってみると、前側に1.5㎝程の隙間があります。

この隙間を無くすために、透明なプラ板を切ってホットボンドで取り付けます。

そして、表からフェルトテープを張るのですが、色を間違えて購入してしまったため、白いです。(いつか張替予定)

次に、固定するためのステーを作ります。

適当な長さのステーにⅯ6×30㎜のボルトをロックナットで固定したものを2つ作ります。

ステーは取付け穴に合ったものを購入します。

取り付け位置を確認したら、内張に穴を空けて、このステーを内張の中から仕込みます。

内張は、腕が入る程度までバラします。

内張りを取り外す必要はないですが、バイザー、ピラー等外して捲ります。

ここまで出来たら、あとは復旧してコンソールを取り付けるだけです。

隙間を埋めたとこのフェルトテープの色が残念ですが、いい感じに取り付けできました。

 

後ろ側から見ると、色が合っているせいか、純正ぽく見えます。

使い勝手もかなり良くてお気に入りです。

レバーを引っ張ると、あとは手放しでもゆっくり下がってきます。

おわりに

 

今回、BOXティッシュ置き場に困るので、スペーシア(フレアワゴン)用のオーバヘッドコンソールを取り付けてみました。

取付け方法は人それぞれあると思いますので、工夫して取り付けしてみてください。

値段もお手頃なので失敗しても大して気にならないし、BOXティッシュ置き場に困っているハイエース乗りの方にはおすすめです。

 

スポンサーリンク

© 2022 120hiace.com