【Androidナビ】カーナビ目的の人にはEOMON(GA2187J)がおすすめ

スポンサーリンク

AndroidナビはAndroidのOSを利用したカーナビですが、ナビ以外の機能も多いです。しかしナビとして使う人は、ナビとしての使いやすさを第一に考えた方がいいと思います。GA2187Jは、カーナビとして使いやすいです。

 

カーナビ目的の人にGA2187Jをおすすめする理由

GA2187Jをおすすめする理由を解説します。

大画面モニター


カーナビ目的で選ぶのであれば、モニターの大きさに注目しましょう。GA2187Jのモニターは10.1インチですが、10.1インチもあれば地図は見やすいです。

 

またIPSタッチスクリーンを採用しているため、どの角度から見ても見やすいです。

 

インターフェイスがわかりやすい


Androidナビによってはインターフェイスがわかりにくく、ナビ機能を呼び出すときに迷うことがあります。慣れたら問題はないのですが、機械音痴の人は何回も試行錯誤するでしょう。

 

GA2187Jのインターフェイスはわかりやすいので、初めての人でも迷うことはありません。見知らぬ土地を走行するときはナビが頼りですが、ナビを呼び出すことに時間がかかってしまっては、目的地に到着するのが大幅に遅れます。

 

iPhoneでも接続できる


AndroidナビにAndroidスマートフォンは接続できますが、iPhoneでは接続できないことがあります。GA2187JはiPhoneでも接続できます。両方のスマートフォンで接続できたら、スマートフォンの機種変更は気楽にできるでしょう。

マルチウィンドウ表示


ナビを見ながら他のアプリを表示したいことはありますが、GA2187Jはマルチウィンドウなので簡単に分割表示できます。10.1インチもあったら、分割表示しても見えにくいことはないと思います。

他のモニターに出力できる


気が散るなどの理由で、ナビを見たくないドライバーはいるでしょう。その場合は同乗者がナビを見る必要がありますが、GA2187Jはヘッドレストモニターや、フリップダウンモニターなどに出力できるので便利です。

 

他のモニターに出力できたら、YouTubeを視聴するときも便利です。お子様連れのドライブはお子様のご機嫌も取りたいものですが、ヘッドレストモニターを設置すれば、後部座席でお子様はYouTubeを楽しめます。

まとめ:GA2187Jの音響機能にも注目



GA2187Jがナビとして使いやすいのはわかりましたが、実はナビ以外にも注目点があります。ナビ以外の注目点は音響機能のレベルの高さです。

 

GA2187J はDSP(Digital Sound Field Processing)を採用しているため、音声処理が非常にスムーズです。DSPは音声処理、映像処理、算術演算などを高速で実行できるプロセッサーで、音響機器にも採用されています。

 

またGA2187Jは、イコライザー調節の幅が30段階もあります。ナビ機能だけはなく音響機能も充実しているのは、GA2187Jが一体型車載PCだからです。

 

見やすいナビ機能だけではなく、最高の音響効果も楽しみたい人はGA2187Jがピッタリです。保障期間も一年間あるので初期不良があっても安心です。

スポンサーリンク

© 2022 120hiace.com