ハイエースに付けた「ゴリラの鼻の穴」からの視界が抜群に良かった

スポンサーリンク

リヤワイパーレス化してカメラを取り付けた

ハイエースのリヤワイパー、付いていても使わないので外してしまおう!

ということでリヤワイパーレス化しました。

リヤワイパー取り外し

外し方は簡単で、まずワイパーのカバーを捲るとナットが見えるので外します

ナットは錆びていると思うので注油して少し放置しておきます

ナットから順に外側を全て外します。

続いて内側のワーパーユニットを取り付けてあるボルト3本を緩めるとユニットが外れます。

コネクタを外して終了です

穴埋め

次に外した穴をどうやって埋めるか。

いろいろさがしましたが、外側と内側でプレートを挟んで止める物とかありましたが、外側に出っ張り過ぎて見た目がいまいちなので却下。

続いて探していると見つけました!

フリマサイトに出品されていた「ゴリラの鼻の穴」とかいう物。

これの良いところは外からの見た目が良い!

ガラスとほぼ面になるため目立ちにくいです。

そして、アクリルでできているので、中から外が見えます!

なのでこの穴にドライブレコーダーのバックカメラを取り付ける事にしました。

この「ゴリラの鼻の穴」の取付けは簡単で、両面テープが最初から付いてるので内側から張り付けて、周囲をコーキングするだけです。

カメラ取付作業工程

カメラを取り付けしたら前へ向かってカメラのコードを這わせていきます。

取付け穴はワイパーユニットの取付穴を利用します。

ゴム管の中は滑りが悪くコードがスムーズに通らないのでシリコンスプレーを吹いておきます。

針金でヤトイを作ってコードを通していきます。

赤い線が一本だけありますが、これはバックランプへ繋ぐ線なので忘れずに配線しておきます。

僕のハイエースは寒冷地仕様で右側はバックフォグになってるので左側へ向かって配線していきます。

内張りを剥がすのはめんどうなのでシートベルトだけ外してコードを隙間へ入れ込んでいきます。

Aピラーまできたら余ったコードをピラー内でまとめます。

最後にカバーをはめて完成です

おわりに

カバー内にカメラが隠れるので見た目はかなり良いです。

外からも室内からもカメラは見えません。

この「ゴリラの鼻の穴」は若干色付きのアクリル板でできているので、カメラの画像が暗くなるかな?と思いましたが全くそんなことはなく普通にきれいに映りました。

これでまたドライブが楽しくなりました!

スポンサーリンク

© 2022 120hiace.com