【煽り運転対策】ドライブレコーダー5選!メリットやデメリット、選び方も紹介!

スポンサーリンク

近年では、ドライブレコーダーを取り付けるのが主流になりつつあります。

この記事を見ている方の中にも、

「そろそろドライブレコーダーを購入しようかな」

と考えている方がたくさんいるでしょう。

 

ただ、ドライブレコーダーには様々な種類がありますので、どれを選べばいいか悩んでしまいますよね。

そこでこの記事では、ドライブレコーダーを取り付けるメリット、デメリット、それから正しい選び方やおすすめモデルについて、詳しく解説していきます。

 

ドライブレコーダーを取り付けるメリットは?

では早速、ドライブレコーダーを取り付けるメリットについて、詳しく見ていきましょう。

 

証拠を残せる

ドライブレコーダーをつけておくことによって、事故の証拠を残せるようになります。

事故の証拠を残すことができれば、目撃情報がなかった場合でも、お互いの記憶が曖昧だった場合でも、正しく過失割合を算出できるようになるのです。

 

また、歩行者や自転車との接触事故を起こしてしまった場合、基本的には車の方が不利になります。

そんな時に、ドライブレコーダーがあれば、

・ながらスマホ

・信号無視

などを記録に残せるようになりますので、正しい判断をしてもらいやすくなるのです。

 煽り運転を未然に防げる

近年では、煽り運転が問題視されています。

度々煽り運転による死亡事故ニュースが報道されています。

 

煽り運転というのは、決して他人事ではなく、いつ自分に降りかかってもおかしくないトラブルと言えるのです。

 

ドライブレコーダーがあれば、万が一煽り運転をされたとしても、すぐに被害届を出せるようになります。

 

また、ドライブレコーダーを設置しておくことによって、相手に無言の圧力をかけられるようになりますので、煽り運転を未然に防止できるようもなるのです。

近年では、

・後方録画中

・録画しています

というようなステッカーも販売されていますので、煽り運転の被害を未然に防ぎたいと考えている方は、ステッカーも併用してみてください。

 

泣き寝入りせずに済む

ドライブレコーダーをつけておくことによって、当て逃げされた場合でも、泣き寝入りせずに済みます。

当て逃げというのは非常に厄介で、ドライブレコーダーが付いていなければ、どこの誰がやったのかわからない状態になり、自腹で修理をしなければならないこともあります。

 

しかし、ドライブレコーダーが付いていれば、当て逃げをした車のナンバーや運転手の顔などを記録できるようになりますので、犯人を突き止めやすくなるのです。

 

車へのいたずらを防止できる

車のトラブルで意外と多いのが、いたずらです。

・車をへこまされた

・車に傷をつけられた

・パンクさせられた

というようなトラブルは、決して他人事ではありません。

 

特に、高級車に乗っていたり、珍しい車に乗っていたりすると、いたずらのターゲットになりやすいです。

 

ドライブレコーダーの中には、駐車監視機能が付いているものもあります。

このような機能を搭載したドライブレコーダーを付けておけば、エンジンが止まっている時でも録画し続けてくれますので、万が一いたずらされたとしても犯人を捕まえやすくなるのです。

 

ドライブレコーダーを取り付けるデメリットは?

では次に、ドライブレコーダーを取り付けるデメリットについて、詳しく見ていきましょう。

 

万能ではない

ドライブレコーダーをつけていれば、万が一の時でも自分を守ることができます。

ただ、ドライブレコーダーは万能ではありません。

 

必要な記録が映っていない場合もありますし、画質が悪く、証拠として認められないケースもありますので注意が必要です。

 

場合によっては自分が不利になってしまうこともある

ドライブレコーダーは、その時の状況をそのまま記録する機械であり、いつでも自分の味方になってくれるとは限りません。

例えば、自分の不注意で事故を起こした場合などは、自分にとって不利な証拠が残ってしまうこともあります。

 

とはいえ、万が一交通事故を起こしてしまったとしても、ドライブレコーダーの提出義務はありませんし、必要な箇所だけを切り取って任意に提出することもできますので、そこまで深く考える必要はありません。

 

証拠として不採用になることもある

ドライブレコーダーに記録した映像は、証拠として裁判所に提出することができます。

ただ、証拠として認められないケースもあるのです。

 

例えば、相手方が改ざんの可能性を示唆し、裁判官がそれを認めた場合は、証拠として認められなくなります。

 

また、夜間など、周囲が暗く画質が悪くなっている場合なども、証拠として認められなくなることがありますので注意しましょう。

 

ドライブレコーダーの正しい選び方は?

では次に、ドライブレコーダーの正しい選び方について、詳しく解説していきます。

 

設置方法やタイプを確認する

ドライブレコーダーを選ぶ時には、設置方法を確認することが大切です。

ドライブレコーダーには、

・一体型

・分離型

・ミラー型

などの種類があります。

 

一体型というのは、カメラと本体部分がセットになっているタイプを指し、ガラス面に粘着テープで張り付けるだけですので、誰でも簡単に取り付けることができます。

また、配線なども必要ないため、コストを抑えて取り付けたいと考えている方にも最適です。

 

分離型というのは、カメラと本体が分かれているタイプのドライブレコーダーです。

サイズがかなり小さいため、運転の妨げになりにくいと言えます。

ただ、配線を回す必要が出てきますので、専門店などに依頼して取り付けなければなりません。

 

ミラー型というのは、ルームミラーに取り付けるタイプのドライブレコーダーです。

このタイプは、ルームミラーに被せるだけとなっていますので、誰でも簡単に装着できます。

 

このように、ドライブレコーダーには様々な種類がありますので、それぞれの特徴を理解したうえで自分に合ったタイプを選ぶようにしましょう。

 

撮影範囲を確認する

ドライブレコーダーを選ぶ時は、撮影範囲についても確認することが大切です。

ドライブレコーダーには、

・前後撮影可能なタイプ

・前方のみ撮影するタイプ

・360度撮影できるタイプ

など、様々な種類があります。

 

前後撮影が可能なタイプが人気を集めていますが、様々なシーンに対応できるドライブレコーダーが欲しいと思っている方は、360度撮影可能なタイプを選ぶようにしましょう。

 

画質を確認する

先ほども解説したように、ドライブレコーダーの画質が悪いと、証拠として認められなくなってしまうことがあります。

このようなことを防ぐためにも、事前に画質をしっかりとチェックしておいてください。

 

フルHD(200万画素)以上のものであれば、比較的綺麗な映像を取ることができるでしょう。

ドライブレコーダーの中には、フロントカメラとリアカメラで画質が違うものもありますので、慎重に確認しておかなければなりません。

 

便利な機能が搭載されたドライブレコーダーを選ぶ

ドライブレコーダーの中には、

・駐車監視機能

・スマホ連携機能

・GPS機能

など、様々な機能が搭載されたモデルもあります。

 

このような便利機能が付いているドライブレコーダーを選ぶことができれば、様々なシーンで活用できるようになるでしょう。

 

ただし、機能が多いドライブレコーダーは、その分価格も高くなりますので、本当に必要な機能を見極めたうえで選ぶようにしてください。

 

予算とのバランスを考える

ドライブレコーダーには様々なモデルがあり、それぞれで価格が異なります。

様々な機能が付いていることに越したことはありませんが、機能がたくさんついていると、その分費用も跳ね上がります。

 

それぞれで用意できる予算が異なると思いますので、まずは予算を設定したうえで、予算内で購入できるドライブレコーダーを探していきましょう。

 

ドライブレコーダーを使用する際に注意すべきこと

では次に、ドライブレコーダーを使用する際に注意すべきことをいくつか紹介していきます。

 

メモリーカードを入れ忘れると意味がない

ドライブレコーダーは、挿入したメモリーカードに映像を記録します。

メモリーカードが入っていないと、映像を残せなくなりますので注意が必要です。

 

また、メモリーカードが入っていたとしても、残量が少ないと肝心な部分を録画できなくなってしまう可能性が高まりますので、定期的に残量をチェックしておきましょう。

 

バッテリー上がりに注意が必要

ドライブレコーダーの中には、バッテリーから電気を引っ張ってくるタイプもあります。

このようなドライブレコーダーを使用している場合は、バッテリー上がりに注意が必要です。

どうしても心配なようであれば、

・タイマー設定ができるもの

・電圧低下を検知できるもの

を選ぶようにしましょう。

 

ドライブレコーダーの人気メーカーってどこ?

では次に、ドライブレコーダーの人気メーカーをいくつか紹介していきます。

 

コムテック

コムテックというのは、ドライブレコーダーをはじめとする、様々な車関連パーツを扱っているメーカーです。

一体型のドライブレコーダーがメインとなっていますので、初心者でも簡単に取り付けが行えます。

 

また、300万画素以上の高画質モデルも用意されていますので、質にこだわる方には最適と言えるでしょう。

 

ユピテル

ユピテルというのは、カーナビやレーダー探知機などを手掛けているメーカーで、ドライブレコーダーに関しても多くのラインナップがあります。

STARVISという超高感度センサーを搭載しているモデルもありますので、機能性にこだわる方に最適です。

 

ケンウッド

ケンウッドというのは、

・カーオーディオ

・カーナビ

・ホームオーディオ

などに定評があるメーカーで、ドライブレコーダーにおいても幅広いランナップを誇っています。

 

360度撮影が可能なモデルも多数用意されていますので、

・いたずら

・煽り運転

なども未然に防げるようになります。

 

おすすめのドライブレコーダーって一体どれ?

では次に、おすすめのドライブレコーダーをいくつか紹介していきます。

今回は、最近注目を集めている「ミラー型ドライブレコーダー」を紹介していきますので、興味がある方は是非最後までチェックしてみてください。

 

オートボックスドライブレコーダー付 バックカメラ V5


このドライブレコーダーは、ミラー型となっていますので、視界を遮りたくないと考えている方におすすめです。

また、4種類のブラケットを搭載していますので、様々な車種に取り付けることができます。

 

駐車監視機能も搭載されているモデルとなりますので、愛車をしっかり守りたいと考えている方は、是非購入してみてください。

 

セイワ スマート電子ルームミラー


このドライブレコーダーは、前後2カメラタイプとなっていますので、後方からの煽り運転や幅寄せなどの際に役立ちます。

 

また、

・車線逸脱警告

・前方接近警告

などの機能も搭載しているため、事故を未然に防ぐことができるのです。

 

PORMIDOドライブレコーダー ミラー型


このモデルには、デジタルズーム機能が付いていて、1X~5Xの拡大率に任意で調整できます。

この設定は、電源を切った後でも保存されますので、快適に使用することができるのです。

 

また、前後カメラHDR/WDR機能が付いていますので、トンネルの出入り口付近で起こる、

・白飛び

・黒つぶれ

なども防止できます。

 

昌騰 マックスウィン ドライブレコーダー ミラー型


このドライブレコーダーは、フロントカメラ分離式となっていますので、ミラーの角度に関係なく録画できます。

また、自動ブレーキシステム搭載車にも対応していますので、最新型の車にも取り付け可能です。

 

また、HDR機能を搭載しているため、悪天候時の視認性を高めることができます。

駐車監視モードなどの便利機能も付いていますので、機能性を重視する方にもおすすめです。

 

トライナウ ドライブレコーダー ミラー型


このドライブレコーダーは、右側カメラ仕様となっていますので、前方の広範囲を撮影することができます。

また、12インチの透過性が高いディスプレイが採用されていますので、安全走行が可能となっているのです。

 

更に、スーパーナイトビジョンを搭載しているモデルになりますので、夜間帯でも安心してドライブを楽しめます。

 

まとめ

ドライブレコーダーは、我々ドライバーを守る大切なシステムです。

事前に設置しておけば、事故を起こした時や煽り運転をされたとき、当て逃げやいたずらをされたときも泣き寝入りせずに済みます。

 

ドライブレコーダーは決して安いものではありませんが、取り付けておかないとドライブレコーダー費用以上の損失を被ってしまうこともありますので、できるだけ早い段階で購入しておくことがおすすめです。

 

とはいえ、ドライブレコーダーにも様々な種類があり、それぞれで特徴が異なりますので、今回紹介したことを参考にしながら、自分に合ったモデルを探してみましょう。

 

「どうしても自分では選べない」

という方は、先ほど紹介したモデルの中から、気になるドライブレコーダーを選んでみてください。

スポンサーリンク

© 2022 120hiace.com